妊娠検査薬とは

妊娠検査薬は、妊娠初期に受精卵から尿に分泌されるホルモンを検出し、お腹に赤ちゃんがいるかどうか調べる薬です。薬局などで買うことができます。
生理が遅れていて、もしかしたら?と思っても、産婦人科に行くのはためらってしまう人は少なくありません。
妊娠検査薬で検出するホルモンは、hCGというもので、受精卵が着床してから増え続けていきます。
検査に最適なのは、妊娠してから4週程度の時期とされています。
生理が遅れていると感じる頃は、前回の排卵から約4週経っているので、妊娠検査薬には余裕を見て、生理予定日のおよそ1週間後から検査できると書かれています。
妊娠検査薬で検査した結果、妊娠しているはずなのに陽性にならなかったり、判定が陰性なのに、生理が始まらなかったりすることがあります。
不妊治療で投与されているホルモンや、不規則な生理周期、胎児異常などが考えられますので、再検査をしたり、早めに産婦人科の受診を検討してみましょう。

妊娠検査薬の使い方

妊娠検査薬は、薬局などで誰でも購入して、妊娠しているかどうか検査できる薬です。
赤ちゃんが着床すると、妊娠を維持しようとするホルモン、hCGが分泌されて尿に混じって出るようになります。
妊娠検査薬は、妊娠4週という、前回の排卵から4週間経った頃に陽性となるように作られています。
生理が遅れているなと感じたら、もう1週間ほど余裕を見てから使うとちょうどいい日数となります。
基礎体温を測っている人は、高温期(排卵後、2週間続く)が3週間以上続いたときを目安にすると、より正確に検査することができます。
妊娠しているはずなのに、陽性の出方が少ない場合は、さらにもう1週間後に検査してみましょう。
市販の妊娠検査薬はほとんどが棒状で、1〜2回測定することができます。
スティックの先端におしっこをつけ、数分待ってから、判定窓に現れる色で判断します。
陽性反応が出た場合も、正常妊娠かどうかを確認するために、早めに産婦人科を受診するといいでしょう。
検査結果が陰性なのに、生理が始まらない、基礎体温の高温期が続く場合も、早めに産婦人科を受診しておくと安心です。

妊娠週とHCG分泌量の目安

市販の妊娠検査薬はHCGが「50mIU/ml 」以上になると陽性になります。このHCGは受精卵が骨盤内のどこかに着床すると分泌しはじめます。(子宮外妊娠、科学的流産でも反応)
またこの数値が妊娠週より低いと、赤ちゃんがちゃんと育っていないので流産の可能性が出てきます
「50mIU/ml 」というのは、妊娠3週の終わりごろ・・つまり生理予定日頃から、陽性反応が出る人が多いわけです。しかしあくまで「個人差」がありますから、生理予定日1週間後の検査が確実なわけです。

スポンサードリンク